不良品の処分は出来るだけ安く仕上げよう

>

自分で処分可能のものと不可能のもの

自分で出来るもの

まずは最初に、自分での処分が可能なものについて見ていきたいと思います。

それは洋服類や本類、CD類や化粧品類、そして食器などのものが挙げられます。
こうして見ていくとおわかりいただけるでしょうが、要するに自分一人でも持ち運びが出来る比較的小さかったり軽かったりするものが多いですね。

これらのものは、業者に頼むということはあまりありません。
むしろ、きれいだったりほとんど利用していなさそうなものは、直接誰かにあげたりするのもいいかもしれません。
また、あまりきれいじゃないものや壊れてしまったもの、もしくは人にあげれるようなものではないものは、いっそのこと思い切ってゴミとして捨てるという手もあります。
ただ、そのときはきちんと分別して捨てるようにしましょう。

自分でしてはいけないもの

ではその逆に自分での処理が難しいものや個人での処理は極力避けた方がいいものは何でしょうか。

それは、家具や家電類です。
代表的なものをそれぞれ挙げていくと、家具類だとベッドやタンス、机や椅子、本棚などがあります。
そして家電類だとTVやパソコン類、洗濯機や冷蔵庫などその対象としてが挙げられます。
これらはさすがに自分一人では持ち運びは無理で、誰かの手を借りないといけないものです。
ということは、処分もプロにおまかせした方がいいという結論に達します。

もし、これらを自分で勝手に処分するとどうなるのかと言うと、自治体などからそれなりの罰を受けることになるので、要注意です。
なので、自分で処分するのは絶対にやめておきましょう。


TOPへ戻る